お得に中国旅行へ行こう!格安航空券の購入ポイント

中国には自然豊かな景色と、長い歴史を感じる文化遺産のスポットが多数あります。
格安航空券で旅行へ行きたいと検討している方に、失敗しない格安航空券の購入ポイントをご紹介します。

■格安航空券の種類
格安航空券にはフィックスチケットとオープンチケットがあります。
この航空チケットはそれぞれ違いや特徴があるので、理解した上で購入する事が良いでしょう。

・フィックスチケット
旅行期間に指定があり、予約すると変更不可となります。
予約する際も出発日と帰国日を決めなくてはならないので、確実な予定を立てた上での利用が必要になります。

・オープンチケット
発券した後でも指定期間内であれば旅行中でも帰国便を変更できる航空券です。
オープンチケットの制約は予約先ごとに変わっており、1回しか変更できないものもあれば変更のたびに費用が必要になってくるケースがあります。

■格安航空券の購入方法について
格安航空券は主に旅行会社で購入する事ができます。
しかし、もっと手軽に購入したいのであれば格安航空券予約サイトがおすすめです。
予約サイトではリアルタイムで空席状態や料金を確認でき、他のサイトとも料金などを比べながら予約する事が可能です。
格安航空券を選ぶ際は、様々な情報を得ながら選択するのが大切になります。

■早割を利用しよう
格安航空券を購入する際は、早いほど安く購入できるのでおすすめになります。
なぜなら、格安航空券には出発日よりも指定の期限までに購入すると早割という割引対象になるからです。
旅行の計画が決まったら、すぐに航空券を購入するのがお得なのでぜひ活用しましょう。

■格安航空券の落とし穴とは
格安航空券は全てがメリットだとは限りません。
上手に利用するためにも、デメリットも理解しておきましょう。

・出発時刻に注意
格安航空券が安い理由の一つとして、旅行客が使いづらい朝や深夜便を利用していることも挙げられます。
時差によっては現地の時間が早朝や深夜という事もあるので、現地の到着時間や現地からの出発時刻なども配慮して出発時刻を決めなくてはならないのです。

・取り消しと払い戻し
取り消しする料金は各社異なります。
格安で航空券を買ってもそちらが高額になっている事もあるので制約を読んで把握しておきましょう。
さらに格安航空では原則的に払い戻しできなくなっているので注意しましょう。

・表示価格に注意
格安航空券に表されている金額は、基本的に航空券のみの料金です。
飛行機を利用するには出国税や空港保険料など諸経費がかかります。
そういった諸経費を合わせると本当に格安かと疑問に思ってしまうので、諸経費も含めて比較して選ぶのがポイントです。