中国のエリア別人気観光スポット5選

中国はアジア大陸の中で最大の領土を誇り、長い歴史と文化のある国です。
中国旅行をしたいと考えているのなら、海外格安航空チケットを使ってみてはいかがですか?

格安航空券なら旅行費をグッと抑え、その分をお食事やお土産などに使う事が出来るので旅行の楽しみがもっと増えます。
今回は格安旅行で行く、中国人気スポットをエリアごとにご紹介します。

■中国の人気スポット
・万里の長城(北京)
中国の観光スポットとしても欠かせないのが万里の長城です。
万里の長城は中国北部に建てられた石垣の防壁で、敵の侵入や盛んに行われていた貿易を保護する役目として建てられました。
現在分かっている範囲で210万以上の長さがあります。
中国の壮大な景色を眺める事ができるスポットとして人気です。

・城隍廟(上海)
上海でも人気の高い観光スポットであり、上海道教の寺院の一つです。
約600年以上の歴史はあり、上海でも特に古い商業地区として発展した土地になります。
近辺には様々なお店やグルメスポットがあり、毎日大勢のお客で賑わいを見せています。
さらに付近には豫園という中国を代表する庭園があるので合わせて観光してみると良いでしょう。

■四川省の人気スポット
・パンダ繁殖センター(成都)
成都という都市の北に位置するパンダ繁殖センターでは、日本でも人気のパンダを保護する活動や飼育、人口繁殖などを行っている施設です。
こちらの施設にはジャイアントパンダや保護されているレッサーパンダ、コウノトリ、クジャクなど絶滅に追いやられている様々な動物を観察する事ができます。

■雲南省の人気スポット
・円通寺
円通寺は昆明市の中でも一番大きいとされている寺院で、建造されてからとても長い歴史があります。
毎月初めから15にまで参拝客がたくさん集まる寺院です。
円通寺は自然に囲まれており、壮大な景色を堪能できるようになっています。
寺院の裏山は公園となっているので山頂からは昆明を一望でき、さらには昆明動物園も近いので雲南省でも人気の観光地です。

■黒竜江省の人気スポット
・ハルビン極地館(ハルビン)
ハルビン極地館は日本でいう水族館です。
中国でも唯一のアミューズメント型の水族館で、特に見物なのが2体のクジラによるクジラショーです。
他時もアシカやエイ、ホッキョクグマやホッキョクギツネなど寒い土地で暮らす動物のショーなどを楽しむ事ができます。

他にも中国には魅力たっぷりな人気観光スポットで充実しています。
国境付近では異国文化も取り入れられているスポットもあり、歴史以外に広大で美しい景色を堪能できるのが中国の良いところではないでしょうか。

もっと見る

お得に中国旅行へ行こう!格安航空券の購入ポイント

中国には自然豊かな景色と、長い歴史を感じる文化遺産のスポットが多数あります。
格安航空券で旅行へ行きたいと検討している方に、失敗しない格安航空券の購入ポイントをご紹介します。

■格安航空券の種類
格安航空券にはフィックスチケットとオープンチケットがあります。
この航空チケットはそれぞれ違いや特徴があるので、理解した上で購入する事が良いでしょう。

・フィックスチケット
旅行期間に指定があり、予約すると変更不可となります。
予約する際も出発日と帰国日を決めなくてはならないので、確実な予定を立てた上での利用が必要になります。

・オープンチケット
発券した後でも指定期間内であれば旅行中でも帰国便を変更できる航空券です。
オープンチケットの制約は予約先ごとに変わっており、1回しか変更できないものもあれば変更のたびに費用が必要になってくるケースがあります。

■格安航空券の購入方法について
格安航空券は主に旅行会社で購入する事ができます。
しかし、もっと手軽に購入したいのであれば格安航空券予約サイトがおすすめです。
予約サイトではリアルタイムで空席状態や料金を確認でき、他のサイトとも料金などを比べながら予約する事が可能です。
格安航空券を選ぶ際は、様々な情報を得ながら選択するのが大切になります。

■早割を利用しよう
格安航空券を購入する際は、早いほど安く購入できるのでおすすめになります。
なぜなら、格安航空券には出発日よりも指定の期限までに購入すると早割という割引対象になるからです。
旅行の計画が決まったら、すぐに航空券を購入するのがお得なのでぜひ活用しましょう。

■格安航空券の落とし穴とは
格安航空券は全てがメリットだとは限りません。
上手に利用するためにも、デメリットも理解しておきましょう。

・出発時刻に注意
格安航空券が安い理由の一つとして、旅行客が使いづらい朝や深夜便を利用していることも挙げられます。
時差によっては現地の時間が早朝や深夜という事もあるので、現地の到着時間や現地からの出発時刻なども配慮して出発時刻を決めなくてはならないのです。

・取り消しと払い戻し
取り消しする料金は各社異なります。
格安で航空券を買ってもそちらが高額になっている事もあるので制約を読んで把握しておきましょう。
さらに格安航空では原則的に払い戻しできなくなっているので注意しましょう。

・表示価格に注意
格安航空券に表されている金額は、基本的に航空券のみの料金です。
飛行機を利用するには出国税や空港保険料など諸経費がかかります。
そういった諸経費を合わせると本当に格安かと疑問に思ってしまうので、諸経費も含めて比較して選ぶのがポイントです。

もっと見る

中国にはどんな空港があるのか

歴史と文化が現代でも色濃く残る中国ですが、領土を広く持っていることもあって魅力的な観光地が多く存在しています。
そんな広大な中国旅行を楽しむためにも、中国にはどのような空港があるのか知っておく事も大切です。
利用旅客数が多い中国主要空港を3つご紹介します。

■北京首都国際空港
中国の首都である北京にある国際空港です。
中国内で最大規模の空港であり、北京のメインゲートだけではな中国全体のメインゲートとなっています。
国内線は88都市、海外線は69都市へ運航しており、年間4800万人以上の旅客が利用しているそうです。
3箇所あるターミナルを効率よく移動するためには無料のシャトルバスを利用すると良いでしょう。
こちらのバスは朝6時~夜23時の間が10分間隔、夜23時~次の日の朝6時までは30分間隔で動いているのでフルタイムでターミナルを自由に行き来する事ができます。
タクシーや市内バス以外にも、市内へ繋がる地下鉄とも繋がっているので利便性がとても高い空港です。

■上海浦東国際空港
上海にある空港で、ターミナルを2つ所有しています。
上海には以前から上海虹橋空港がありましたが、15年以上前に国際空港として開港しました。
それからは虹橋空港は国内線のみだったのですが、現在は東アジアの主要都市を中心に国際線は復活されています。
上海浦東国際空港では国内線は62都市、国際線は73都市運航しており、一部の国内線は上海虹橋空港から発着可能です。
市街地へ移動をするためには長距離タクシー、市内バス、地下鉄、リニアモーターカーの停車場があるので、これらの交通機関を使って市街地へ行き来できるようになっています。

■広州白雲国際空港
広東省・広州に存在する、国内の中でも出発・到着する飛行機が多い空港です。
広東省の中でも最大の空港で、近年は広東省の観光客が増加傾向に合わせて空港の利用旅客数がますます増えてきています。
こちらの空港と同じく広東省に位置している深セン宝安国際空港の利用者数を数えると上海と北京を上回る程の数となるそうです。
ロビーのカウンターには周辺ホテルの予約カウンターがあり、急な帰国便変更での宿泊先を確保するのにもとても便利に活用できます。
市内への移動には使い心地が快適なバスとタクシー、他にも地下鉄が利用可能となっています。

以上、旅客数が多い中国の主要空港を3つご紹介しました。
格安航空券を利用する際や、国内の移動手段としてもこの3つの空港を知っておく事でスムーズに旅行へ行くためのプランを作る事ができるでしょう。

もっと見る

中国の格安航空券が一番安いのはいつ頃?

中国へ安い費用で旅行するなら、格安空港券をぜひ活用しましょう。
しかし、格安航空のチケットも時期によって費用に違いがみられます。
中国のベストシーズンと合わせて、格安航空券が安くなる時期についてご説明します。

■航空券が高くなってしまう時期は?
基本的に航空券が値上がりするのは、ゴールデンウィークやお盆、お正月と旅行の計画が立てやすい長期休暇が続く時期です。
他にも、学生が夏休みに入っている7~8月、卒業旅行が多い3月なども比較的に料金が高く設定されています。
さらに、長期休暇だと航空券をなかなか手に入れにくいという状況にもなりやすいのです。
つまり、航空券が安くなる時期は旅行シーズンには当てはまらない月や休日が少ない月を狙っていくとお得になると言えるでしょう。
他にも連休明けになると飛行機の利用客が減るので、そこ狙って旅行の計画を立てると安く購入する事ができます。

■中国の観光に行くのに良い時期はいつ?
地域によって偏りはあるものの中国で最も観光に向いているのは、春と秋だと考えられます。
中国の四季はとてもはっきりしており、春は暖かく秋は夏の暑さから少し涼しくなり観光にはとても良い時期なのです。
しかし春にはゴールデンウィークがあるので、日本からも多くの観光客が押し掛けてくるので航空券も割高に設定されています。
ですが上海などは春になると花粉や黄砂が飛びまわるので、季節的には快適ですが環境的には少し適さない時期かもしれません。
一方、秋は晴れ間が続くので一番良い時期で、航空券も春に比べて比較的に安く購入できます。
特に冬に近づく10~11月は安く航空券を買う事が出来るでしょう。

■中国行きの格安航空券が最も安い時期は?
中国の格安航空券が一番安い時期は、7~8月の夏と12~2月の冬です。
なぜなら中国の夏は気温と湿度が高いのでとても暑く、冬になると非常に寒くなるため観光客も減少傾向にあります。
なので格安航空券も一番安く購入可能な時期だと言えるのです。
しかし、観光には少し不向きな時期なので観光地巡りの工夫が必要になります。
そして夏は暑さと紫外線対策は徹底して水分補給まめに摂り、冬はしっかり防寒対策をして中国旅行を楽しみましょう。

このように、格安航空券をより安く買うためには旅行シーズンを避けると最安値で購入する事が可能です。
しかし格安航空券なら比較的に年中安く購入できるので、中国のベストシーズンも連休明けを狙ってみると格安航空券をお得に購入できるかもしれません。
ぜひ航空券が安い時期を参考に中国旅行を楽しんでください。

もっと見る

中国行きの格安航空券を買おう!おすすめ予約販売サイト

格安航空券を使って中国旅行がしたい方必見です。
格安航空券の検索と予約できるサイトはたくさんあり、どこが良いのか悩む人も多いでしょう。
たくさんある予約サイトの中から、中国への旅にピッタリの予約サイトをご紹介します。

■JTB 格安航空券予約
大手のJTBグループが運営している格安航空チケットを予約できるサイトです。
国内ツアーから海外旅行まで様々な旅行を取り扱っています。
オンライン予約なら24時間いつでも予約ができ、さらに手数料と発券手数料が無料なのでとてもお得です。

■DeNAトラベル
大手企業グループが運営する格安航空チケットの予約サイトです。
外国行きの格安航空チケットは1000以上の都市を扱っており、その実績はトップクラスとなっています。
頻繁に特価セールなどを実施しており、会員向けのセールもあるのでよりお得に海外旅行が出来るでしょう。
検索システムも使いやすいので、使用することで手軽に予約完了することができます。

■イーツアー
約17000件の格安航空チケットを扱っています。
海外の激安航空券以外にも、ホテル予約がセットになっているダイナミックパッケージの利用も魅力的です。
ダイナミックパッケージは場合によっては高くついてしまう事もありますが、イーツアーではシーズンや復路によってはリーズナブルな価格で購入できます。
そして、イーツアーはどこよりも早く予約できるサイトとしても評判が高く、平日なら15時までに予約するとその日のうちに予約の連絡が届くようになっています。
会員の独自ポイントをマイレージに交換できるのも魅力的です。

■skyscanner(スカイスキャナー)
海外の旅行サイトとして、とても人気の高い格安航空券予約サイトです。
日本語対応ですので、安心してチケットの検索が可能となります。
予定でない日も時間をずらして検索し、料金の比較にも便利でお得に購入可能な航空券を見つける事も容易です。
さらに既存ルートと一緒に最安値ルートも検索してくれます。
支払いの際は海外サイトからというケースが多いので、簡単な英語ができた方が便利に活用する事ができるでしょう。

今回は中国旅行でピッタリの格安航空券予約サイトを4つご紹介しました。
航空券の料金は会社やシーズンによって異なるので、必要な合計経費を比較して購入するのがお得に格安航空券を購入する秘訣です。
サイトごとに制約や支払方法も変わってくるので、利用方法はしっかり読んだ上で予約サイトを活用してお得に旅行をしましょう。

もっと見る